花粉と上手に付き合うには?~花粉対策お届けします!~

花粉対策

厳しい寒さの冬が過ぎ去り、やっと春がやってきました!気温が上がり、春の花が咲き乱れ、体も心も緩む頃。本当なら春の訪れを全身で喜びたいところ。がしかし、寒さとはまた違った厳しさが待ち受けている季節でもあるんですよね。その正体こそ、そう、花粉です。日本人の4人に1人が花粉症だという現在、かく言う私もその1人。なってしまったからには、花粉との上手な付き合い方を知っている方が、絶対お得。この季節を少しでも快適に過ごせるよう、花粉との付き合い方をご紹介です。

●初期療法が効果的!

花粉が飛び始める2週間前位から薬を飲み始める初期療法は、かなり効果があるとされています。症状の発症を遅らせられる・辛い症状の緩和など、花粉症患者にとってはまさに天の助け。最近では、眠気やだるさを感じづらい薬も出始めています。症状が出る前に早めに処方してもらい、花粉の季節に立ち向かいましょう。


 

●専用タオルで花粉を払い落としましょう。

ジャガード織ガーゼタオル

遂に花粉到来!「花粉の多い日は外出を控えましょう」というアドバイスを受けることもありますが、現実的には相当難しい。外出時、マスクやメガネは言うまでもなく必須です。そしてもう一つ。花粉対策用の専用タオル、ポーチ付きで持ち歩くことをおすすめします。帰宅時、外で衣服に付いてしまった花粉を家に持ち込まない為に、専用タオルで払い落としましょう。帰宅時以外にも、出勤時会社へ入る時なども使えます。屋外から屋内へ入る時、花粉を払い落とすという習慣は、きっとあなた自身を救ってくれるはず。

 

●室内では加湿を心がけて

鼻のかみすぎや大量の鼻水の影響で、鼻の中で炎症が起こってしまうのは、花粉症患者にとってはよくあること。そんな時の乾燥は大敵です。室内は加湿を心がけ、水分を補いましょう。

 

●濡れタオルは欠かせません。

濡れタオル

目がどうしてもかゆくてたまらない時、即効性があっておすすめなのが、濡れタオルです。冷たい水で絞ったタオルを目に乗せて冷やすことで、かゆみが和らぎます。
また、花粉によって肌がダメージを受ける場合も。ついつい痒くて顔や首を掻いてしまって肌がかさかさ……。くしゃみのしすぎで鼻の皮がむけてしまった……。そんな時は、ホットタオルで肌を労わってあげましょう。じんわり温かいタオルは、鎮静効果とリラックス効果が期待できます。疲れた肌と身体を癒してあげましょう。

 

●保湿ティッシュとワセリンを

鼻をかむ機会の増える花粉の季節、質の良いティッシュは欠かせません。そして、更におすすめなのが保湿ティッシュです。それでも鼻が荒れてしまったら、油分100%のワセリンで保護するのが効果的。荒れた鼻以外にも、花粉で乾燥してしまった唇などにも使えるので、1つ持っておくと便利なアイテムです。

 
部屋干し  

その他にも洗濯物は屋内干し、外で干す場合は花粉を払い落としてから、などなどありますが、基本は【払い落しと保湿】がキーになってきます。毎年どうしてもやってくる花粉の季節。タオルやワセリンなどの、アイテムを使いこなして、花粉と適度な距離で、上手に付き合っていけますように。

オリジナルタオル・ノベルティのご相談はこちら >
このエントリーをはてなブックマークに追加

作って楽しい、もらって嬉しい!オリジナルノベルティ&グッズ 一覧へ >